読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

『極楽とんぼの吠え魂』復活に寄せることについて~放送当日編~

目の前の相手を「こいつ人として終わってんな」といつ思うかというと、ギャンブルで借金があることを知ったときでも家族や恋人に暴力を振るってることを知ったときでもなくて、そいつが自分の笑いのルーツを語り始めたときに思う。 「俺が面白さを感じるもの…

京都の室生口大野駅から室生寺まで徒歩でいくと何分かかるかについて(別手段との比較あり)

はじめに~いいから歩きでいったらどんだけかかるのか教えろよ、という方に~ まず前提として、室生口大野駅から室生寺まで行くのには、車道を行くルートと東海自然歩道という未舗装のルートがあります。 以下を読んでいただくとわかるのですが、この記事を…

不時着…「航空機が故障・燃料不足・悪天候などのため運航不能となり、目的地以外の場所に着陸すること」について

今日こちらに来ると言っていた知り合いから電話があったので出てみると、来る途中で乗っていた飛行機が不時着してしまったのだという。 「え?マジですか。大丈夫すか」 「うん、大丈夫大丈夫。でさ、見に来る?飛行機」 「え、不時着したやつですか?」 「…

クズの地平から見えることについて

twitterを見ていたら、最近の社会人に仕事でありがちなことについて意見が交わされていて面白かった。 簡単に言うと、 社会人A「最近の社会人(部下、もしくは取引先など業務上接点のある人)は、仕事を頼んでも言われたことしかやらず、自分でその先を考え…

アメリカ大統領選でフツーにアホのように驚いただけのことについて

ドナルド・トランプが次期アメリカ大統領だという。職場で昼休みに点いていたテレビで「優勢」のニュースを観て、夜帰宅したら決着していた。 驚いた。 俺は30になったが、世間の人がちょっと引くぐらいものを知らないので、俺の中でアメリカ大統領選とはメ…

イモムシ、もしくは世の中はちゃんと気持ち悪いことについて

今朝歩いていたら、歩道のわきにイモムシがいた。 サツマイモのような色としっぽのトゲが毒々しいやつが、ずんぐりしながらそこでじっとしていた。 俺は、うわー、などと言いつつ歩くのをやめ、かがみこんでその姿をしばらく眺めていた。 虫が好きだがイモム…

ポケモンGOを通して思った「オタクを嫌うオタク」について

ポケモンGO界隈で様々な情報に接しながら、ある感情を抱くことが多くなった。同属嫌悪である。そのことについて書く。 俺はオタクなので、その憎悪が向かう先は同じオタクということになる。 最近ポケモンGO関連で「オタクうぜえよ」と思う機会が二度ほどあ…

もー別にいらなくないっすか?ということについて

もー別にいらなくないっすか?この手の報道。 心配だなあ、と思ってて、でも自分がそういう感情を抱かされること自体がわずらわしくて。 もうさ、意味なくねえですか?知ってどうできるわけじゃねえんだから。知らされた側から何が起こるわけじゃねえんだか…

桜の木の下には何も埋まっていないことについて

天気がいいので野川公園に『スティール・ボール・ラン』を持っていってそこで読んでいた。公園近くのコンビニで買ったポッキーと缶コーヒーを手に、どんどん読み進める。 「ジャイロォォォ!」 「ジョニィィィィ!」 アメリカ大陸横断レースと聖人の遺体を巡…

独我論は嘘であるとわかったことについて

「自分以外の人間はすべて心を持たないロボットである」。 そんなことを考えてみたことはあるだろうか。 人間の心は目で見たり手で触れたりすることができない。 なので、自分以外の誰かが泣いていても笑っていても、そこに心があるかどうかは、実は本当には…

27時間テレビで思ったこと、もしくは笑うことに関する整理について

※27時間テレビ全体の感想を期待されている方、フジテレビはクソテレビ局でお台場にあるあのでっかい玉の中いっぱいにたぶんゴミが詰まってる、みたいな内容を期待されている方、いらっしゃったらたぶん肩透かしです。すみません。 『牡丹灯籠』という落語が…