惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

映画

映画版『無限の住人』の感想について

はじめに 正直、わりと良かったんじゃないでしょうか。 俺は15年前に原作を読み始めて完結まで追ったファンですが、作品の内容をかなり忠実にふまえ(この忠実さには思うところもありますが、後述します)、出演者の演技も殺陣も素晴らしかったと思う。漫画…

予告編に偽りなし(良くも悪くも)。映画『ドクター・ストレンジ』の感想について

■目次 はじめに あらすじ 感想~映像がすげーというそれ以上でもそれ以下でもない話~ その他雑多な感想~モルドdisとヒロインを褒めたりとか~ おわりに はじめに ビルや地面という本来動かないはずのものが、複雑に交差してうねり倒れかかる。鮮やかな炎が…

「最強」の定義、映画『オアシス:スーパーソニック』の感想について

はじめに 自分を変えることのできる特別な人たちが、いったいどれだけいるのだろう? 変わった生き方を許される人生が、いったいどれだけあるというのだろう?…『Champagne Supernova』 どうすれば生きている実感が手に入るのか、見当もつかない いったいど…

『クリーピー 偽りの隣人』の感想について(良かった点、総括編)

『クリーピー 偽りの隣人』はウンコである。ウンコ映画である… という感想を観終わって抱いて、その理由を整理しているうちに迷走して、「なんじゃかんじゃ面白かったです」と白状している現状である。 というわけで、ここからは良かった点及び雑多な感想で…

『クリーピー 偽りの隣人』の感想について(あらすじ、ウンコポイント編)

『クリーピー 偽りの隣人』はウンコである。ウンコ映画である。 というのが観終わった当初の感想だった。というか観ているときからそう思っていた。それは偽らざる。 映画を観終わった俺は、なぜ自分はこれをウンコと感じたのか?ということをあらためて考え…

どうしようもないこと、もしくは『そこのみにて光輝く』の感想について

生き物として逃れようがないこと、どうしようもないことが好きだ。 好きというか、目が離せなくなる。 絵本の『はらぺこあおむし』が好きで、生まれたばかりのあおむしがとにかくお腹がすいてしかたがないので一週間手当たり次第色んなものを食いまくる。食…