惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

藤田和日郎

『双亡亭壊すべし』3巻の感想について(?)

■目次 (太ももの)はじめに まとめ(太ももの) はじめに~3巻のあらすじ…?~ お化け屋敷破壊漫画『双亡亭壊すべし』第3巻。 建物に潜入した霊能力者に絵描き、役人の破壊者チームも館の魔の手によって順調に(?)無力化されていく。しかし、悪化し続ける…

『双亡亭壊すべし』1巻の感想について

先日御茶ノ水に行ったら書泉ブックマートがABCマートになっていた。閉店したのは去年の9月で、ニュースにもなっていたようだけど全然知らなかった。 本の街で本屋が潰れる時代か。amazonの功罪、とか勝手に5分ぐらい考える。 確かに、俺は本も漫画もほとんど…

『黒博物館 ゴーストアンドレディ』の感想、もしくは単にフローレンスかわいいぜ、の話

看護婦。女性看護師。 なんのとは言わないが、一大ジャンルであると思う。 俺は特に好きではないけども、「ああ、なるほどね」と思わせられる体験があった。 入社当初、総務課長に健康診断の提出を求められて正直に「ないですね」と答えたところ大型犬の横ツ…

『黒博物館 スプリンガルド』の感想、もしくは単に学芸員さんかわいいぜ、の話

雪の降る中を、一人で箱根の彫刻の森美術館に行ったことがある。 美術館と言っても、室内ばかりに作品を展示しているわけではない。広い敷地の中、建物から建物へと移動する間にもオブジェが設置されている。広い芝生などもあるため、美術館というよりは公園…