読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

ポケモンGOを通して思った「オタクを嫌うオタク」について

思うこと ポケモンGO

 ポケモンGO界隈で様々な情報に接しながら、ある感情を抱くことが多くなった。同属嫌悪である。そのことについて書く。

 

 俺はオタクなので、その憎悪が向かう先は同じオタクということになる。

 最近ポケモンGO関連で「オタクうぜえよ」と思う機会が二度ほどあった。

 1回目はtwitterで「ポケモンGOやって人に迷惑かける人はやってなくても普段から迷惑かけてる」というツイートがRTされてるのを見たときである。

 いやあ、それはどうなんですか。どうだろう?

 

 俺は違うと思う。何かがある人のそれまで顕在化していなかった面を触発、増長させる事例はたくさんある。あれさえなければああならなかった物と人の組み合わせ、良いものでも悪いものでも色々あるはずだ。

 ただ、発言が全面的に間違ってるとは思わない。じゃあ俺をムカつかせたのはなんだったのか?

 俺をムカつかせたのは、この意見とはまったく別に、他のポケモンGOユーザーがいかにも我が意を得たりという感じでわやわや沸いてきてわっしょいわっしょいRTしてるその状況だった。お前ら非ユーザーに対する反論を用意するのと、同じユーザーだけど気にいらないやつを自分と差別化することに必死すぎんだよ、おとなしくひとくくりにされて批判されとけ、という感じだったのだ。

 

 2回目は、やくみつるポケモンGOユーザーを心の底から侮蔑するという発言をしたときである。

 案の定、「人の趣味をとやかく言うな」とか「ゲームから学べることもたくさんある」とか、やくみつるはボロクソ言われフクロにされていた。

 

 ま、そういう考え方もあるわな、とやくみつるに対して思っていた俺をイラつかせたのは、このときも反論する側の必死さだった。

 「それ」しか持っていない者が唯一の所有物であるそれをコケにされたとき、彼らは怒りながらも喜び混じりで反論を振りかざす。いざ批判されたときのため、かねてからうす暗いところでひっそりと研いでいた反撃の刃を。

 俺にはその必死さが不快だった。

 お前ら本当にそれしかないんだな、と思う。他の何かを探そうとはせず、批判にはどこまでも不寛容で、身内の中で攻撃の材料を交換し育て合いながら、敵が罠にかかるのを待ってるんだな、と思う。ムカムカする。

 

 …うーん、でも、俺はなんでこんなに彼らに気持ちを逆なでされるんだろう?

 

 同属嫌悪は、自身の嫌な部分について、それを同じように持っている別の人間から見せつけられたときの不快感を憎しみに転化することで生まれるらしい。たぶんそのとおりだと思う。

 

 俺が見つめて嫌うべきなのは、本当は俺自身なんだろう。

 他者に不寛容なのも、同属内での差別化に執心しているのも、前述した内容を読み返すと、本当は俺自身であることがよくわかる。

 俺はたぶん、俺の方こそゲームとマンガしかない、そんな自分の生活が嫌なのだろうな。

 だから「たかがゲーム」でカッカくる他のオタクを見ると、自分の最悪の姿を見せられているようで、やめてくれ、となるのかもしれない。そして、それに毒づくほど自分がそこから距離をとれるようで安心するのかもしれない。

 ポケモンGOは、まったくはからずもそんなことを気づかされる機会になった。

 

 で、その後どうすればいいかはいま考えている。

 オタクが趣味の問題なら、いまから人生パリピに舵を切っていち抜けてしまえばいい。

 でも、中身ではなく生き方の問題だったら? そしたら俺が浜辺でビール片手にEDMで日没まで踊ろうが俺の心は憎悪の虜のままだ。

 うーん、とか勝手に悩みながら、ポッポからアメ(進化素材)を剥ぎ剥ぎ博士に送る日々。いまのところ。以上。