惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

group_inou聴こうぜ、ということについて

  もう完全に、いま自分がハマっているものの話をしたいだけなんだけど。

 

  半年ほど前のある日のこと。

  youtubeのおすすめ楽曲のサムネイルに、やたら濃いアニメーションの妙な曲が登場(その時点ではAC部の存在も知らない)。

  なんだこりゃ?  無視無視、つってしばらく放置していたのだが、延々とポップされ続けるのに根負けしてクリック。

  いま思えば、好きなアーティストのPV見続けてるうちに嗜好を把握されていたのだろう。恐ろしい話だ。

 

  とにかくそれですっかりハマってしまう。

  ノリと疾走感の混交。歌詞はわけわかんないしPVもふざけきってるのに、曲の終盤に襲ってくる、苦しいような謎の切なさ。

  セックスを想像させる言葉が多くて、愛情というものを乾いた目線で冷笑してるようで、ふとときどき、胸を刺すような感じ。

 

  (歌詞は別として)この音楽は何に似ているんだろう?

  あまり思いつかない。思いつかないのがgroup _inouのイカしたところ、という説もありますが、俺が好きな楽曲だとサカナクション。とにかく聴いてて気持ちがよくて、じっとひたりたくなる一方で、体がじっとしてられない感じ。

  そういうわけだから聴いてみてくれってPVを貼っておく。サブスクリプションも解禁されたからみんな聴こうな。

 


group_inou / EYE

 


group_inou / CATCH


group_inou / JUDGE

  どの曲もどこか終わりの気配があって、活動停止した現在から振り返ってみてそれも切ない。でもそこも含めていい。

  以上、よろしくお願いいたします。