惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

2019-04-24から1日間の記事一覧

明滅する蛍光灯の鋭いほどの闇。怪談作家・我妻俊樹を読もうぜ、ということについて

怪談やオカルトの類が好きだ。しかし、性格的に難儀なところがあって、怪現象でもUMAでもできるだけ科学的検証に耐えうるものであって欲しいという願望から、かえって批判的な態度で接してしまうことがある。 例えば、「実話」というテイで書かれた話を読ん…