惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

サスペンスのある部分を決着させたかもしれない、『OLD』の感想について

 面白かった。

 上映時間は120分を切り、けっして長い映画ではないのだが、物語的なイベントが立て続けに起きるためにものすごく濃密だった。満足。

 ただ、科学的な正確さや細かいツジツマを気にする人は相性悪いかもしれない。作品世界をとある強力なギミックが支配しているんだけど、けっこう設定が適当で、科学的には「んなアホな」という感じだろう。ストーリーの細部も勢いでどうにかしている印象はある。
 あと、文字通り悪趣味な展開が多い。ここはシンプルに欠点に感じた部分で、不愉快に思う人もいるのではないか。実は俺自身がその一人で、虫けらでもなぶるように閉鎖空間で人を傷つける場面が続くので、もういいよ〜、と思うこともあった。
 でも、トータルでは満足。タイトルに書いたとおり、サスペンスという形式のある部分を終わらせたかも、とさえ思う。

 

 ここから、ややネタバレを含む。

 

 物語の中で登場人物たちは、身体的な時間の流れが異常な速度で進む砂浜に閉じ込められる(通常の30分が1年間に相当)。

 子供は急速に成長していき、年齢を重ねた者ほど「持ち時間」が少ないということになる。突拍子もない設定であるうえ、ろくでもない出来事が次々に起こるので、「もしや夢オチなのでは」という疑惑さえ抱いたが、ちゃんと現実である。

 なお、砂浜からの脱出は色々な事情があってきわめて困難だ。しかし、キャラクターたちは齢を重ねつつ、なんとかここから生還を試みる。きわめて特殊で、また閉鎖的な環境であり、一種のソリッド・シチュエーションものともいえる。

 

 ソリッド・シチュエーション作品を評価するときの視点の類型として、この状況は人生の縮図である、というものがある(気がする)。

 『CUBE』なんか、割とそういう感想を見た記憶があって、理不尽で凶悪だけど、そもそも世界って標準的にそういうもんだよな、という。

 これは、もちろんこじつけもいいところで、実生活でワイヤーでサイの目に切断されて死ぬことってあんまりねえだろ、と思うが、『OLD』に限っては本当に、上手いこと特異な状況に普遍的な人生を描いてみせたのではないかと思う。

 何しろ、すさまじい速度で体感的な時間が進んでいくのだ。その移り変わりの中で、愚行や喪失の経験が無慈悲に、けれど穏やかに洗い流されていく。

 お互いに抱えていたしがらみも存在感を失い、過ぎていく時間の中で残ったのは感謝と愛情だけ…と思いきや、膨大な時間を不測のかたちで背負ってしまったために過去への追憶に囚われてしまう登場人物も出てくるが、それもリアルな感じだ。いずれにしても、きわめて特殊な環境にもかかわらず、人生で何十年も経過したら大抵のことはそうなるよな、というのが自然に描写されている(作中の時間では一日強しか経過していないんだけど)。

 

 それで、サスペンスのある部分を決着させた、って感想について。

 大げさ言った割りに全然たいした話じゃないんだけど、次のようなことを思った。

 サスペンスやパニック映画のエンディングで俺があんまり腑に落ちないと思う要素の一つに、物語の途中で人がバカスカ死んだり傷ついたりしてるのに、最後は一件落着、色々あったけど、まあ終わりよければなんとやら、と丸くおさまる作品はちょっと嫌だなー、というのがある。

 最近だと『レディ・プレイヤー1』がこういう内容で、「主人公のおばさんは…爆死していますよね…」という感じで、最後はハッピーエンドという雰囲気だったが、おばさんの死が印象としてちらついてしまい、もう一つ波長が合わなかった。こういうことを言っているやつを見た覚えがあんまりないのだが、とにかく俺はそうなのである。

 その点で言うと、『OLD』は何しろ登場人物たちの体感的にものすごい時間が経過しているので、途中で起きた悲劇の重さが後半で失われていても、違和感がまったくない。つらいことがあってからも人生は長いので(くどいようだけど作中では数時間)、むしろその方がいいのだ。

 これは物語で起きた悲劇を自然にバランスするには実にうまい方法というか、割と、これ以外に正解はないのではないか、という気さえしており、「サスペンスのある部分を終わらせた」というのはそういう理由で書いたのであった。もちろん、こんな細かいところで騒ぐ人間がまずあまりいないので、そこに感動するのはお前ぐらいだろ、という話ではある。

 

 ここから、もう少しネタバレ。

 砂浜での滞在が二日目になり、出てくるキャラクターもかなり限られてくる。

 登場人物が砂の城をつくる前後のシーン、ここが作品のハイライトだった気がする(その少し前の夜も良かったけど)。

 何歳になっても、人の心の中には遊ぶ子どもの精神が残っているということと、何歳になろうと、何かに挑戦するのに遅すぎることはない、そういうことが表れていた場面だと思う。

 冷静に考えれば、身体はともかくとして、キャラクターたちの精神年齢が砂浜にやってきたときと大きく変化しているのは不合理な話なのだ。しかし、数十年間分の齢を、奇妙なかたちにせよ経た結果、成長した「壮年」をその佇まいに感じてしまった時点で観ている側の負けなのだった。

 おそらくはアイデア一発勝負が起点の作品であって、科学的検証とか、オチでさえも後付けだと思うんだけど、結果として美しい、印象に残る作品になっているんじゃないでしょうか。そう思いました。

 

 以上、よろしくお願いいたします。