惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』の感想について ①

はじめに

 かなり気持ちを揺さぶられた。

 「登山家」であり、2018年にエベレストで滑落して亡くなった栗城史多氏についてのノンフィクションだ。なお、登山家にカッコがついているのは、本人の技量や手法が問題視されたことによる。

 

 読み終えて、三つの感想を抱いた。

 これがどのぐらい的を射ているかはわからない。ただ、この本について個人の半生と死に関する記録とだけとらえて見逃すのはもったいなくて、広く、誰にでも訴える内容になっていると思う。

 

異物がその界隈に何をもたらすか

 栗城史多という人物についてはものすごい毀誉褒貶がつきまとう。

 好意的に評価する面としては、世界最難関レベルの高山に撮影機材を持ち込み、映像を提供する裾野を大幅に拡大したことで、世の中の多くの人に新たなエンターテインメントと勇気を与えたことだろう。

 氏の活動を全面的に批判する人々からすれば、それもペテンであるということになると思う。

 ただ、彼が亡くなってからその登山活動についてはじめて知った俺の率直な印象としては、すげえな、と思った。映像にも感銘を受けたし、生前にもっと知っていたらファンになっていたかもしれない。

 一方、彼に対する否定的な評価としては、登山内容の不透明さ、プロとして単純に実力が不足していること、そこから派生して、やや漠然とした「山に対する敬意の欠如」ということになると思う。

 栗城氏の肩書きである「登山家」にカッコがつくのはそういう理由だ。この本にも、プロとしての見識の欠落、もっと言えば、その活動の相当ダーティな部分が数多く描写されている。

 こうした行状を受けて、インターネット上には、不特定多数による否定的な評価が形成されている。山岳の専門家たちからの人物評も辛辣だ。文中には、「登山家というより芸人」「(適当な目標を設定する能力を欠いた)ドン・キホーテ」という厳しい表現が記載されている。

 

 ただ、栗城氏にも専門家の方々にも申し訳ないが、外野から文章を読んでいる身としては、興味深いな、と感じてしまったのも事実だ。

 山という世界が認識の甘い素人の命を容赦なく奪う空間であることは、現実の事故からも理解できる(ちなみに漫画作品の『岳』からも)。

 しかし、こうした基本的な実力の足りない人間が、エベレストへの登頂を、しかも酸素ボンベ無使用をぶち上げて挑戦するというのは、専門家も含めた登山界隈の想像と理解を完全に超えていたような気もする。それが引き起こした反応が面白いな、と俺は思ってしまった。

 

 門外漢の憶測なので間違っていたら申し訳ないが、これまでであれば、世界最高峰への挑戦と敗退は、それが登山家を自称する者による限りは、ある程度理解の及ぶ範疇で発生していたのではないだろうか。

 理解の及ぶ範疇というのは、なぜ失敗したのか、原因の分析と反省がちゃんと機能する一方で、結局のところ最後は運に左右される、という落としどころがシステムとして確立されている、という意味だ。

 これは、業界としての成熟を判断する基準でもあると思う。仕事の反省はしっかり行うし、その精度は日々更新されていくべきだけど、どうにもならないこととの線は引こうね、という認識を、ソフィスティケートされた分野は備えているものだし、参加するプレイヤーも共有している。

 しかし、栗城氏の登山内容はそうした範囲を完全に逸脱していた。

 彼は、プロフェッショナルから見れば失敗に終わって当然と言える不可能な挑戦を、途中で両手の指9本を失うという大怪我を負いながら繰り返した。そこに運・不運がからむ余地はないし、基本的な実力が足りないのだから、反省以前の問題なのだ。

 こういうわけのわからない異物が、しかし、「登山家」として自分たちと同じカテゴリーに乱入すると、先住していた者たちはそれをどう評価したらいいか、という選択を強いられる。

 あらためてそう考えると、「芸人」「ドン・キホーテ」という表現は、辛辣ながらどこか硬直した言い方というか、(俺だけかもしれないが)従来の専門家たちの「この得体の知れない人物に触れるのをできるだけ忌避したい」という心情がうかがえる…気もする。

 

 「触れたくない」は、もしかすると、「触れなければならない」かもしれない。

 既存のシステムで評価できない存在は先住者からすればきわめて迷惑だが、俯瞰してみれば業界全体を健全化・推進する可能性がある。むしろ、ある意味であらゆるニューカマーはそういう役割を負うのかもしれない。

 いずれにしても栗城史多という異物が、「芸人」という、登山家に対してはおそらく前例のない言葉を強引に引きずり出したことは事実で、それが面白いと思った。

 

 もちろん、異端であることの対価が命を落とすことであってはならない。

 栗城氏による業界の渡り方をたたえるつもりもない。

 ただ、そういう役割を担っていたかもな、とは思う(②に続く)。