惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

『異界怪談 闇憑』の感想について

はじめに

 評価は次のように行います。

 まず、総評。S~Dまでの5段階です。

 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース

 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。

 B…購入してもよい。もしくはkindle unlimitedにあれば勧める。

 C…図書館で借りる、もしくはkindle unlimitedなら読んでもよい。

 D…読むだけ時間のムダ。ゴミ。

 

 続けて、本の中で印象に残った作品を評価します。

 ☆…それ一品で本全体の価格を担保できてしまうような作品のレベル。

 ◎…一冊の中に三品以上あると、その本を買ってよかったと思えるレベル。

 ◯…一冊に七〜八品あるとその本を買ってよかったと思える作品。

 

 最後に、あらためて本全体を総評します。

 

 こういう書き方をするのは、初見の人に本を勧めつつ、できるだけ先入観を持たない状態で触れてほしいからで、評価が下に進むほど、ネタバレしてしまう部分も増える、というわけです。よければ、こちらもどうぞ。

 

 実話怪談という「本」について - 惨状と説教

 

総評

 B

 

 黒史郎作。2021年刊行。

 

 現在、実話怪談を扱う作家の中で一番、黒史郎が「どうかしている」と思っている。

 「レベルが高い」に近い意味合いで。あと、「革新的」もあるかも。

 そして、もう一つ意味を加えるなら、「怖い」。作品が、ではなく、書いている本人が。

 こいつ(黒史郎)はいったい何なんだ。

 前作の『異界怪談 生闇』のときに思った。

 朱雀門出なども書いている本人の精神を疑わせる。黒史郎はそのベクトルが違う。

 どこか冷たい。

 新しい恐怖を描けたら満足か。見たことのないかたちになったのを見届けたらもういいのか。

 読者にどう伝わるかは、もはやどうでもいい。そんな錯覚さえ抱かせる。

 

 続きはあらためて感想で。

 

各作品評

 「うえをむいてあるこう」…◎。それ以上意図が見えると、書いている側の表情が見えすぎるギリギリのところだと思う。文筆家としての技巧もきわめて高い。
 「一歳児」…◯
 「曲がっていれば」…◯
 「お祭り」…◯
 

あらためて、総評

 一番どうかしている作家は、一番ハードルが上がりきっている作家だ。

 内容が悪いかというと、まったく悪くない。

 ただ、次のようなことを思った。

 

 一つ目。釈迦に説法だが、全体的に描写一つあたりが長い。そのため、どこを味わったらいいのかときどきわからない。

 体感的に、15%ぐらい? 詰めて書かれていた方がいい。

 

 もう一つ。扱っているテーマについて。

 住んでいる人が必ず亡くなる住宅に家族の厄介者を住まわせるとか、ものがすぐ腐る家とか、恨みを買った顧客の生き霊が顔として部屋に浮き出ている(と霊視のできる人に言われる)とか…。

 この人も「そういう話」を書くんだな、と感じた。

 

 実話怪談は採話だ。「そういう話」が手に入ったら書くだろう。

 しかし、黒史郎じゃなくても別にいい。

 こういう話を書く作家は他にいくらでもいる。俺はあまり好んで近寄らないが。

 過去作の『暗狩』で、泥の中から出てきたもの(『川の底から』)、怪談でありながら怪奇自体をおちょくるようなもの『右側だけ』、あるいは『生闇』では、意味がわからない異界のルール(『順番待ち』)が描かれた。

 こんな話は他の作家からまず現れない。異才なのだ。

 黒史郎は別の角度から、未知の恐怖に新しい光を当てる。もしくは黒く塗り潰せる。

 今回はその点で満たされないところがあった。

 

 『闇憑』を読んでなぜか少し安心した。

 『暗狩』『生闇』の次にもっと好ましいものが出てくるのも恐ろしかった。

 嫌味ではない。理由はよくわからない。

 刊行が少し早回しなのは関係するかもしれない。

 年に一回より早い。それでもすごいものが出てきたら、理解の範疇を超えてしまう。

 

 頼まれてもいない評論は、料理の周りを蠅が飛び回っているということだ。

 蠅でも人格があると、理解できない人間のことは怖い。オバケよりも怖い。犯罪者よりも怖い。

 

 第48回はこれでおわり。次回は、『怪談四十九夜 地獄蝶』を紹介します。以上、よろしくお願いいたします。