惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

2015-06-25から1日間の記事一覧

『淵の王』の感想の続き、もしくは俺らが今いるべき場所について

小さな白い光が闇の渦の中に一本すうっと光線を伸ばしている。 私たちはその光の道を進まなくてはならない。 舞城王太郎の『淵の王』について、前の記事で紹介した。 俺と『淵の王』について - 惨状と説教sanjou.hatenablog.jp 今回は、前回触れなかった『淵…