惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

『実話怪談 花筐』について

はじめに

 評価は次のように行います。

 まず、総評。S~Dまでの5段階です。

 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース

 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。

 B…購入してもよい。もしくはkindle unlimitedにあれば勧める。

 C…図書館で借りる、もしくはkindle unlimitedなら読んでもよい。

 D…読むだけ時間のムダ。ゴミ。(少なくとも俺には)。

 

 続けて、本の中で印象に残った作品を評価します。

 ☆…それ一品で本全体の価格を担保できてしまうような作品のレベル。

 ◎…一冊の中に三品以上あると、その本を買ってよかったと思えるレベル。

 ◯…一冊に七〜八品あるとその本を買ってよかったと思える作品。

 

 最後に、あらためて本全体を総評します。

 

 こういう書き方をするのは、初見の人に本を勧めつつ、できるだけ先入観を持たない状態で触れてほしいからで、評価が下に進むほど、ネタバレしてしまう部分も増える、というわけです。よければ、こちらもどうぞ。

 

 実話怪談という「本」について - 惨状と説教

 

総評

 S

 

 鈴木捧作。2020年刊行。

 幽霊らしきものが登場するいかにもオーソドックスな実話怪談から、とらえどころのない奇談、民話のようなものまで、色々な話が収められている。
 実話怪談のどこに魅力を感じるかは本当に人それぞれだけど、話に一挙にリアリティをもたらす、凄みのある一文が読みたい、というのは誰にも共通していると思っていて、この作家はすごくそれが上手だと思っている。けっして仰々しくなく、むしろすごく静かなのに印象的な一節。そういう文章をさりげなく、かつ美しく挿してくる。この点はすべての人にすすめる。
 個人的な好き好きについては、長くなる。詳しくは「あらためて、総評」で。

 

 この本はkindle unlimitedで読めます。 

各作品評

 本当に嗜好にハマった作品ばっかりで、個人的にどれも素晴らしかった。
 旅番組…◯
 花瓶の中の世界…◎
 石へそ…◯
 父の書斎…◯。後述。
 巨人…◯
 不法投棄…◯
 パネル…◯
 裏々ビデオ…◯
 獣…◎
 ゲルニカ…◯。後述。
 本当に大切なこと…◯
 淵を覗く…☆。後述。
 指切り…◯

あらためて、総評

 文脈から切り離すと良さがわかりづらいかもしれないが、俺はこの本の次のような文章が好きだった。
二人のすぐ後ろから、パーマが伸び切ったような髪形の陰気な女がついてきている。…『旅番組』

時間は午後一時を少し回ったところだ。

太陽がアスファルトの地面を容赦なく焼いていた。…『花瓶の中の世界』

あれは人ではなくて、観光地や映画館などの記念撮影スポットにある「等身大パネル」だ。少し角度を変えて眺めると、結構厚みのある発泡スチロール素材だということまで見てとれる。…『パネル』 

それを見た瞬間、目の後ろあたりに氷を押し当てられたような鋭い感触があった。…『ゲルニカ

このとき時間は深夜一時頃だったが、確認するのは翌朝になってからの方がいい、と直感が告げていた。…『天袋』

 なんというか、悲しいかな結局は虚構として処理されがちな実話怪談というジャンルにおいて、さりげなく、しかし鋭く、一瞬で「リアル」にピントを合わせるような文章だと思う。物語の解像度が上がるというか、怪談的に言えば部屋の空気がいきなり冷える、陰影が濃くなるような感覚がある。

 

 『父の書斎』について。親しいはずの人間と人間の関係にも存在する、立ち入ることのできない部分からもたらされる寂しさや諦念のようなものがあって、この本の他の作品にもそれは共通している。

 恐怖だけではなく、わかりえあえなさからも怪異は生まれる、というのは俺の好きなスタイルだ。いま、少なくとも表面上は何の問題もなく見える人間関係は奇跡のようなものでしかなく、それが崩れる可能性が未来には無数に潜んでおり、怪異はときとして、それを先回りまでして見せつけることがある。

 すごいのは、もの悲しい一方でしっかり「おっかない」というところで、『パネル』や『獣』などはかなりゾクゾクさせられる。もしかして、相手の心理に立ち入りすぎたからこそ破綻を迎えたのだろうか? こんな結末になるぐらいなら、少し距離感を感じさせてさびしいぐらいが俺たちには丁度いいのか? …そんなことを考え出すと、なおさら悲しい。

 

 こういう人間の悲哀みたいなものが見え隠れする一方で、『ゲルニカ』のような、楽天的というか、人間の強さ、潜在性みたいな話が混じっているのも面白い。不可解さに対して途方に暮れる瞬間と、未知をパワフルに探求する瞬間と、その振れ幅みたいなものが広く感じられて良いのだが、怪談という営みにとってわりと本質的なことかもな、と思う。

 

 『淵を覗く』について。現代の怪談と巨大水棲生物の組み合わせ(しかも正体が淡水なのにアレですよ?)という時点で個人的には役満だった。子供時代の夏の思い出という抒情性、最後にもってこられた、世界のシッポをつかんだような、それでいてまったく意味不明で宙ぶらりんになるようなオチも含めて、素晴らしいと思う。大好きです。

 

 第45回はこれでおわり。次回は、『弔い怪談 葬歌』を紹介します。以上、よろしくお願いいたします。

 

実話怪談 花筐 (竹書房怪談文庫)

実話怪談 花筐 (竹書房怪談文庫)

 

 

『厭談 祟ノ怪』について

はじめに

 評価は次のように行います。

 まず、総評。S~Dまでの5段階です。

 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース

 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。

 B…購入してもよい。もしくはkindle unlimitedにあれば勧める。

 C…図書館で借りる、もしくはkindle unlimitedなら読んでもよい。

 D…読むだけ時間のムダ。ゴミ。(少なくとも俺には)。

 

 続けて、本の中で印象に残った作品を評価します。

 ☆…それ一品で本全体の価格を担保できてしまうような作品のレベル。

 ◎…一冊の中に三品以上あると、その本を買ってよかったと思えるレベル。

 ◯…一冊に七〜八品あるとその本を買ってよかったと思える作品。

 

 最後に、あらためて本全体を総評します。

 

 こういう書き方をするのは、初見の人に本を勧めつつ、できるだけ先入観を持たない状態で触れてほしいからで、評価が下に進むほど、ネタバレしてしまう部分も増える、というわけです。よければ、こちらもどうぞ。

 

 実話怪談という「本」について - 惨状と説教

 

総評

 C

 

 夜馬裕作。2020年刊行。

 怪談一話あたりが比較的長め。その分量を生かしてドラマティックな展開を見せるというか、メリハリのきいた作品が多いという印象の作品集。

 

 この本はkindle unlimitedで読めます。 

各作品評

 なし

あらためて、総評

 好きな人にはしっかりハマるだろうな、という感想を抱いた。
 俺はあまり趣味ではないけど、これは批判ではなくて、誰かにとってはきっと評価が高い、というのを言い換えたことにしてくれ、と思う。話の途中に伏線が張られ、オチにはどんでん返しがあり、といった具合に、話としてすごくメリハリがきいている。
 
 俺向きではないな、という印象を見つめてみると、自分が実話怪談というジャンルに何を期待しているのか、少し具体的になった気がしたので、そのことについてちょっと書く。
 怖がりたい、というのが、動機としてはもちろん一番大きいわけだが、俺はたぶん、「世界とはこういう場所だ(こういう場所であってもいい)」、それを示すことを、実話怪談に期待しているんだと思う。こういう不可解なことが実際にありました、と語ってもらうことで、この世界について納得したいのだ。
 事実のツメが甘い怪談を、俺が蛇蝎のように嫌うのはそういう背景からだ。そうやって選り好みした結果として明らかになるのは、俺の個人的な世界観そのもの、ってオチだろうし、それに合う怪談を書くかどうかも相性の問題、書けなくても誰が悪いわけでもないのだが、いずれにしても、俺の好きな「実話怪談」には、ドラマティックさはもちろん、恐怖でさえも、けっして必須の要素ではなかったりするんだよな…と、そんなことを思った。
 
 第44回はこれでおわり。次回は、『実話怪談 花筐』を紹介します。以上、よろしくお願いいたします。

 

厭談 祟ノ怪 (竹書房怪談文庫)

厭談 祟ノ怪 (竹書房怪談文庫)

 

『異界怪談 生闇』について

はじめに

 評価は次のように行います。

 まず、総評。S~Dまでの5段階です。

 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース

 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。

 B…購入してもよい。もしくはkindle unlimitedにあれば勧める。

 C…図書館で借りる、もしくはkindle unlimitedなら読んでもよい。

 D…読むだけ時間のムダ。ゴミ。(少なくとも俺には)。

 

 続けて、本の中で印象に残った作品を評価します。

 ☆…それ一品で本全体の価格を担保できてしまうような作品のレベル。

 ◎…一冊の中に三品以上あると、その本を買ってよかったと思えるレベル。

 ◯…一冊に七〜八品あるとその本を買ってよかったと思える作品。

 

 最後に、あらためて本全体を総評します。

 

 こういう書き方をするのは、初見の人に本を勧めつつ、できるだけ先入観を持たない状態で触れてほしいからで、評価が下に進むほど、ネタバレしてしまう部分も増える、というわけです。よければ、こちらもどうぞ。

 

 実話怪談という「本」について - 惨状と説教

 

総評

 S

 

 黒史郎作。2020年刊行。

 2020年、に次ぐ2冊目。黒史郎のような素晴らしい書き手が単著を年に2回も刊行してくれることはとても嬉しい。

 あいかわらず、色々な意味で他の作家とは隔絶している内容だった。ものすごく良かった。詳しくは「あらためて、総評」で。

 

 

 この本はkindle unlimitedで読めます。 

 

各作品評

 返却…◯。怪談としてはどうってことない話なのだが、文章で読ませるというか、純粋に質が高い。
 生首を飾る家…◯
 からまれる人…◯
 島に居らば…◯。民俗めかした安っぽい実話怪談を基本的に嫌っているのだが(俺の話です)、これは読まされてしまった。後述。
 湖畔の森の女…◎。
 順番待ち…◎。『異界怪談 生闇』を象徴する作品というか、あまりに意味がわからなすぎる。傑作だと思う。
 たのしいよぉ…◯
 事故物件ではないかもだけれど…◯
 なぜ豚か…◯
 切り抜きの箱々…☆。冒頭からして、おそろしく不穏。後述。
 濃いアッコさん…◯。
 不要の報告…◎。怪談自体の不気味さもさることながら、こんなわけがわからない(褒めている)話を最後にもってきて、まるでぶん投げるように本を〆めてしまうのがカッコよすぎる。

あらためて、総評

 「どうかしているな」。
 読み終わってそう思った。
 黒史郎という作家はどうかしている。
 とにかくそう思わせるほど、『異界怪談 生闇』はすごかった。
 
 実話怪談というのは、読まない人にはピンと来ないかもしれないが、実は恐怖以外の色とりどりの感情を惹起させる豊かなジャンルである。
 そうした中で、恐怖に焦点を定め、誰も試みなかったような角度から執拗にそれを描き出そうとする姿勢は、むしろ少数派かもしれないし、もはや狂気を帯びていると思う。
 ところが、黒史郎はそういう作家である。あらためていうが、この人はどうかしている。
 
 この本の怪談全般に、わけのわからなさが漂っており、衝撃に近い印象を抱いたので、もう少し詳しく書く。
 怪談は「怪しい」「談(話)」なので、わけがわからないのがそもそも当たり前、ではある。各作家の腕は、この「わけのわからなさ」どう味付けするかにかかっている。
 例えば、怪異を解き明かすヒントにほとんど触れないものの、読んでいる側の記憶に訴えかけることでその空白を補完させる、みたいな芸当を持つ書き手もいるし、ぱっと見では意味不明だが、登場人物のふとしたセリフを踏まえると真実が浮かぶ、といったミステリのような演出をする書き手もいる。
 そういう中に、ときどき、徹底的にわけのわからない異界の話を書く作家がいる。補足すると、異界には異界なりのロジックがあることがかすかに見えるのだが、現世の人間にはまったく見当がつかないのだ。まるで異文化のテストをいきなり受験させられ、落第すると災厄が降ってくる、みたいな状況である。
 黒史郎は、しれっとそういう怪談を書く。現実にどす黒く深刻なヒビが入り、向こうとこちらがつながる瞬間を書く。
 黒史郎は、果たして読者に興味があるのだろうか…とさえ思う。
 ないことはないだろうが、まるで読者がどう感じるかなんて関心の対象外みたいだ。『異界怪談 生闇』はざくっ、と切って捨ててぶん投げるような怪談集だった。最高に怖いし、イカしていた。
 
 『島に居らば』。離島、因習、蓄積する呪い…と一見、もはや食傷気味のギミックが並んでいる。
 しかし、まったく陳腐じゃない。そもそも、読者にわからせるつもりで書いてない(ように見える)からだ。何が怖いのかいちいち説明するつもりがなく、淡々と物事がどん詰まりになり悪化、ハマっていく様子だけが描かれている。闇をそのまますくってきたような話だ。
 
 『切り抜きの箱』について。俺はとにかく、この話が「嫌」だった。読んでいて、冒頭から「…あ、読みたくねえ」と心で忌避させるものがあった。
 
 第43回はこれでおわり。次回は、『厭談 祟ノ怪』を紹介します(ちなみに、俺は合いませんでした)。以上、よろしくお願いいたします。

 

異界怪談 生闇 (竹書房怪談文庫)

異界怪談 生闇 (竹書房怪談文庫)

 

 

『怪談奇聞 嚙ミ狂イ』について

はじめに

 評価は次のように行います。

 まず、総評。S~Dまでの5段階です。

 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース

 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。

 B…購入してもよい。もしくはkindle unlimitedにあれば勧める。

 C…図書館で借りる、もしくはkindle unlimitedなら読んでもよい。

 D…読むだけ時間のムダ。ゴミ。(少なくとも俺には)。

 

 続けて、本の中で印象に残った作品を評価します。

 ☆…それ一品で本全体の価格を担保できてしまうような作品のレベル。

 ◎…一冊の中に三品以上あると、その本を買ってよかったと思えるレベル。

 ◯…一冊に七〜八品あるとその本を買ってよかったと思える作品。

 

 最後に、あらためて本全体を総評します。

 

 こういう書き方をするのは、初見の人に本を勧めつつ、できるだけ先入観を持たない状態で触れてほしいからで、評価が下に進むほど、ネタバレしてしまう部分も増える、というわけです。よければ、こちらもどうぞ。

 

 実話怪談という「本」について - 惨状と説教

 

総評

 S

 小田イ輔作。2020年刊行。

 

 怪談=幽霊や妖怪、というイメージを飄々とすり抜けて、まるでこの世界がバグって妙な挙動を起こしたかのようなヘンテコな現象まで鮮やかに描いてみせる特異な作家、小田イ輔の最新作。

 今作でもその持ち味は十二分に発揮されている。ファンはもちろん、未読の方にも、実話怪談というジャンルの「広さ」みたいなものが伝わると思うので、おすすめします。

 

 この本はkindle unlimitedで読めます。  

各作品評

 生まれ変わり…◯。後述。
 溜まり場で夕方…◯。この世のバグ系。この作家の十八番。
 酷い前フリ…◯。軽やか。
 その夜の逃げ切り…◯。後述。
 シャレとマジ…◎。実話怪談とバカの相性の良さが理解できる話。
 風船石の来る夜…◯。後述。
 蚊を捕まえるぐらいの力…◯
 少年と朽ちもの…◎。後述。
 ちくわを食わされる…◯。後述。
 紐…◎
 髪狂い / 噛み狂い / かみぐるい…◎。後述。

あらためて、総評

 『溜まり場で夕方』のような、この作家らしい怪談もおさえつつ、『酷い前フリ』のように軽妙なもの、『ちくわを食わされる』のような誰にも彼にも意味不明なものも収録され、とてもバリエーション豊か、かつものすごくハイレベルな本になっている。大傑作だと思うなあ。
 
 『生まれ変わり』について。幽霊の怪異を前フリにしつつ、生きている人間の「怖さ」を最後のオチに使う怪談も増えてきたが、結末に人間の「強さ」を持ってきた点で珍しい。好き。
 
 『その夜の逃げ切り』『少年と朽ちもの』について。怪談としてはどうってことないのだが、読ませられてしまう。よく考えるとものすごいことである。小田イ輔の、単なる色物作家ではない実力を証明している気がする。
 
 『風船石の来る夜』について。わけがわからないものについて、そのまんま「わけがわかりません」と明言してしまうことは怪談における一つのタブーというか、書いてる側にもわけがわからんものを読者に持ってきて、「ね、わけがわかりませんよね?」と平然と同意を求められてもこっちも困るぞ、という。
 ただ、怪談というやつは、そもそもわけがわからないものを描くジャンルでもあるわけで、怪談の妙味とは、根源として正体不明なものを扱いながら、その不明さに対する書き手のスタンスをどう上手くぼやかすか、そのバランス感みたいなものにある気がする。
 しかし、この話は「わけがわかりません」と堂々と言ってしまっているのだった。かつ、それでも成立してしまっているので、すげえとしか言いようがない。
 
 『ちくわを食わされる』。最初から最後まで意味がわからず、怪談なのかどうかも不明だが、ジャンルとして納めるとしたら怪談しかないようにも思えて、それって話の内容に合わせてカテゴリーの方を力尽くで広げちまったってことなのか…と思うと、なんだかすごく偉い気がする。
 
 『髪狂い / 噛み狂い / かみぐるい』について。連作。いくつもの話を束ねることでスケールの大きさを出す、みたいな色気があんまりなく、ほんのかすかにだけ留められた最後の余韻がカッコいいな、と思う。
 
 第42回はこれでおわり(おお、『死に』まで来た…)。次回は、『異界怪談 生闇 』を紹介します。以上、よろしくお願いいたします。

 

怪談奇聞 嚙ミ狂イ (竹書房怪談文庫)

怪談奇聞 嚙ミ狂イ (竹書房怪談文庫)

 

『怪談標本箱 毒ノ華』について

はじめに

 評価は次のように行います。

 まず、総評。S~Dまでの5段階です。

 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース

 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。

 B…購入してもよい。もしくはkindle unlimitedにあれば勧める。

 C…図書館で借りる、もしくはkindle unlimitedなら読んでもよい。

 D…読むだけ時間のムダ。ゴミ。(少なくとも俺には)。

 

 続けて、本の中で印象に残った作品を評価します。

 ☆…それ一品で本全体の価格を担保できてしまうような作品のレベル。

 ◎…一冊の中に三品以上あると、その本を買ってよかったと思えるレベル。

 ◯…一冊に七〜八品あるとその本を買ってよかったと思える作品。

 

 最後に、あらためて本全体を総評します。

 

 こういう書き方をするのは、初見の人に本を勧めつつ、できるだけ先入観を持たない状態で触れてほしいからで、評価が下に進むほど、ネタバレしてしまう部分も増える、というわけです。よければ、こちらもどうぞ。

 

 実話怪談という「本」について - 惨状と説教

 

総評

 C

 戸神重明作。2020年刊行。

  

 奇をてらったところのない、オーソドックスな怪談集。一作品あたりが比較的長いかもしれない。また、会話の挿入が多いのが特徴、という印象を受けた。

 

 この本はkindle unlimitedで読めます。 

 

各作品評

 なし。 

あらためて、総評

 まず、人によっては愛好する怪談だろうな、と思ったことをことわっておく。
 
 誰かが艱難辛苦して世におくった成果を、たかが数十分でブログに起こした駄文で悪しざまに言うのだから、それこそ恨みを買って当然だろう。本題に入ると、俺はあまり合わなかった。
 怪談の内容が、というより、文章の起こし方として問題があった。
 俺が実話怪談に求める感覚から言うと、描写が冗長すぎる。会話部分も多用されすぎていた。
 好みで言えば、実話怪談の文章はもっと削ぎ落とされている方が良い。セリフについても、「」を使用する代わりに、"◯◯さんは~と感じたそうだ。" とか、 ”~ではないか、と◯◯さんと友人は言い合った。”、とか、散文で記載してしまい、極力、「」を用いない方がスマートだと感じる。
 一方で、こうした文章の特徴を、映像的、重厚として好もしく受け取る読者もいるだろうと思うが。
 そういうわけで、C評価にした。俺と感覚が同じような人、あるいはまったく反対の人、それぞれに参考に使ってもらえればよい。 
 
 第41回はこれでおわり。次回は、『怪談奇聞 嚙ミ狂イ』を紹介します。以上、よろしくお願いいたします。

 

怪談標本箱 毒ノ華 (竹書房怪談文庫)

怪談標本箱 毒ノ華 (竹書房怪談文庫)

 

 

 

『手繰り怪談 零レ糸』について

はじめに

 評価は次のように行います。

 まず、総評。S~Dまでの5段階です。

 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース

 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。

 B…購入してもよい。もしくはkindle unlimitedにあれば勧める。

 C…図書館で借りる、もしくはkindle unlimitedなら読んでもよい。

 D…読むだけ時間のムダ。ゴミ。(少なくとも俺には)。

 

 続けて、本の中で印象に残った作品を評価します。

 ☆…それ一品で本全体の価格を担保できてしまうような作品のレベル。

 ◎…一冊の中に三品以上あると、その本を買ってよかったと思えるレベル。

 ◯…一冊に七〜八品あるとその本を買ってよかったと思える作品。

 

 最後に、あらためて本全体を総評します。

 

 こういう書き方をするのは、初見の人に本を勧めつつ、できるだけ先入観を持たない状態で触れてほしいからで、評価が下に進むほど、ネタバレしてしまう部分も増える、というわけです。よければ、こちらもどうぞ。

 

 実話怪談という「本」について - 惨状と説教

 

総評

 B

 緒方あきら作。2020年刊行。

    

 オーソドックスな怪談集、という感じ。風俗業や反社会に属していた人など、アンダーグラウンドな人物に取材した怪談が多いのが特徴か。他にもいろいろな職業の人が出てくるので、業界の読み物としても割と面白い。

  

 この本はkindle unlimitedで読めます。 

 

各作品評

 怨霊…◯
 接ぎ木の呪い…◯
 黒いバイク…◯
 

あらためて、総評

 文章はしっかりしており、やたら不幸を振り回して読む側を脅しつけるようなところもない。総評でも書いたとおり、色々な職業の人に取材している様子が見て取れ、実直な怪談、という感じがする。
 一方で、すごく独特な雰囲気があったり、あとを引くような奇想があるわけではないので、飛び抜けて評価することも難しかった。
 竹書房がときどき発売してしまう、「自分、なんでそんな嘘つくん?」という類の実話怪談もどきよりはよっぽど良い。でも、正直な感想として、もう少しクセが欲しかった。例えば、恐怖の方向に振らないなら、職業世界の方向をもっと掘り下げてみるとか(水商売や庭師の話は面白かった)。
  
 第41回はこれでおわり。次回は、『怪談標本箱 毒ノ華』を紹介します(事前に言うと、俺はあまり合いませんでした)。以上、よろしくお願いいたします。

 

手繰り怪談 零レ糸 (竹書房怪談文庫)

手繰り怪談 零レ糸 (竹書房怪談文庫)

 

 

『怪談四十九夜 断末魔』について

はじめに

 評価は次のように行います。

 まず、総評。S~Dまでの5段階です。

 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース

 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。

 B…購入してもよい。もしくはkindle unlimitedにあれば勧める。

 C…図書館で借りる、もしくはkindle unlimitedなら読んでもよい。

 D…読むだけ時間のムダ。ゴミ。(少なくとも俺には)。

 

 続けて、本の中で印象に残った作品を評価します。

 ☆…それ一品で本全体の価格を担保できてしまうような作品のレベル。

 ◎…一冊の中に三品以上あると、その本を買ってよかったと思えるレベル。

 ◯…一冊に七〜八品あるとその本を買ってよかったと思える作品。

 

 最後に、あらためて本全体を総評します。

 

 こういう書き方をするのは、初見の人に本を勧めつつ、できるだけ先入観を持たない状態で触れてほしいからで、評価が下に進むほど、ネタバレしてしまう部分も増える、というわけです。よければ、こちらもどうぞ。

 

 実話怪談という「本」について - 惨状と説教

 

総評

 A

 黒木あるじ/黒 史郎/我妻俊樹/小原猛/小田イ輔/川奈まり子/神 薫/つくね乱蔵/冨士玉女/鷲羽大介作。2020年刊行。

  

 黒木あるじによって編まれた、複数名の作家の作品からなるシリーズ最新作。
 各々の持ち込む数は少ないものの、作家性らしき印象をつかめることもあるので、この本を機会にお気に入りが見つかるかもしれない。今回も平均的に質の高い怪談が並んでいる。

 

 

 この本はkindle unlimitedで読めます。 

 

各作品評

 リフォーム…◯(つくね乱蔵)。後述。
 賭け…◯(我妻俊樹)
 どろんこ…◯(神薫)
 いくつ子…◯(神薫)
 消えた僕…◯(鷲羽大介)。今回の思わぬ発見かも。後述。
 サコシン…◯(川奈まり子
 はらのなか…◯(小原猛)
 トービーラー…◯(小原猛)
 

あらためて、総評

 この本は、AかBかの評価で悩んだ。
 Aは世間一般を意識した評価。Bは、俺個人にとっての評価。最終的には前者を選んでいる。
 個人的にBというのは、好きな作家(黒木あるじ、黒 史郎、小田イ輔)があまり持ち味を示していないように感じたからだ。みんな単著では2020年もバチバチ飛ばしている人たちで、それと比較すると、この本に持ち寄られた怪談は個性がないというか、当たり障りのないものが多かった気がする。
 結局、偏愛的に追いかけているか否かで期待値というか、ハードルがイビツに上がったり下がったりするのだろう。彼らを除いた他の作家については、どれも良い怪談を持ってきていると感じた。
 
 『リフォーム』について。俺はつくね乱蔵の怪談と相性が悪くて、よく登場人物が不幸に落とされて読者が嫌な気分になっているときに、行間越しに書き手のしたり顔がのぞくように思えるところが好かないのだが、これは良かった。「足首が音も立てずに…」、意味がわからん過ぎて良い。
 
 『消えた僕』について。この本の掘り出しものかもしれない、と感じた。この怪談単品というより、鷲羽大介というはじめて知った作家そのものなのだが、怪談を書いていながら「なんだこんなもん」と苛立ち半分で突き放している感じがして、面白いな、と思った。
 そんな作家いるかな? 俺の気のせいかもしれないが、今後が気になる。フォローしていきたい。
  
 第40回はこれでおわり。次回は、『手繰り怪談 零レ糸』を紹介します。以上、よろしくお願いいたします。

 

怪談四十九夜 断末魔 (竹書房怪談文庫)

怪談四十九夜 断末魔 (竹書房怪談文庫)

  • 発売日: 2020/11/27
  • メディア: Kindle