惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

2020-05-26から1日間の記事一覧

中華版自分探し、古希にしてついに終了。『太公望伝』の感想について

はじめに 時節柄、外出が気ままにできない(特に遠出)。 そのせいか、気持ちの面だけでも遠くに行こうと諸星大二郎作品ばかり読むことになる。古代中国、隔絶された山村、っていうか普通に異界。そんなのばっかり出てくる。 『太公望伝』 というわけで太公…