惨状と説教

誰か山から降りてきてほたえてから山に帰っていく記事。ブログ

シリアスな場面にぶち込まれるギャグはなんのためか、について

前回の記事の内容(下記)から、いくらか続いているんですけど、こんなことを思ったという話。 sanjou.hatenablog.jp 面白い作品は、マンガに限らず、シリアスの中に笑えるところが入っていることが多いと思う。 これは、その物語がいわゆるギャグパートと真…

狂った犬のように走ることについて

tonarinoyj.jp 『ゴールデンカムイ』の最新話まで無料公開、というすさまじいキャンペーンが始まっている(9/17まで)。 もちろん、これを契機にして最新の単行本を買ってくれれば、あるいはグッズを買ってくれれば、といった利益を見込んだうえでの判断だろ…

怠け者の使い方について

職場で割と大きなプロジェクトについて他の部署の人から説明を受けていたときのこと。 俺の部で管理職を務めている者の何人かが、説明の内容について枝葉末節をいじり回すようなケチをヘラヘラしながらつけるのが続いたので、なんとなく気持ちがイラ立ってし…

彼女/彼とそうじゃない新しいものについて

あるPodcastを聴くためにSpotifyに登録したら、アカウントをつくるときに確認される性別に男性・女性に続いてノンバイナリーの項があり、時代だなあ、と思った(揶揄も称賛もありません)。 当事者たちがこれで生活しやすくなるなら、いいことだろうと思う。…

俺たちは何年クリエイティブに寿司を握れるか、について ③

今週のお題「寿司」 sanjou.hatenablog.jp 実業家の堀江氏が以前語っていたところによると、従来は寿司職人になるのに10年間の下積み期間が必要とされていたが、寿司を握る技量を身につけるのに、本来はそんなに長い時間はいらないのだ、と。 一方、まったく…

俺たちは何年クリエイティブに寿司を握れるか、について ②

今週のお題「寿司」 sanjou.hatenablog.jp こういうものを書いた。 で、じゃあ未来の労働において最大の価値をおかれるのは創造性である、という世界が到来して、寿司屋になんの関係がある、という話なんですが。 ここでもう一つ加えて意識しておきたいのは…

俺たちは何年クリエイティブに寿司を握れるか、について ①

今週のお題「寿司」 と言いながら、まあ寿司自体にはよくて数%、世の中の何か実態みたいなものには、0.1%ぐらいかすっていたらラッキー、みたいな話なんですが。 何年か前、実業家の堀江貴文氏いわく「寿司の修行に何年もかける必要はない」という主張があ…

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の感想とか、90年代の雰囲気とかについて ①

はじめに いまさら『序』ですか。 そうなんです。 本当にいまさらだと思う。 理由を二つ挙げると、まず、もうすぐ新劇場版の完結編である『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』の劇場公開が終了するというのがあった(というか、多くの劇場ではすでに終わってい…

深更について

亡くなった祖母は「○○(俺のことだ)の前世は夜鷹だ」とよく言った。夜鷹というのは夜道で男の袖を引く江戸時代の娼婦のことで、俺が深夜に外を歩き回るのを好んだから、そう呼ばれたのだ。 特に目的があってそうするわけではなく、俺は0時~2時頃の街の雰囲…

会話について

職場に向かう途中の四つ辻にベビーカー、小さい男の子が乗っていて、お母さんらしき女性がその後ろに立ち止まってスマートフォンを見ている。道でも調べているのだろうか。 男の子が身をぐいぐい乗り出し、自分の前方に指を示して「う。う」と言う。「行け、…

日記について

海辺をランニングしていた。夕焼けがものすごい日で、西の空にのったりと広がった雲が夕陽をあますところなく受け止めていて、それが雲の隆起やうねりを複雑な色彩の反射によって照らし出していた。 その夕焼けを浜で見ていたら、若い女の子二人に夕陽を背景…

少し話はズレますが、キミたちも神学を学んだらいい。『 チ。―地球の運動について―』4巻の感想について

はじめに 破竹の勢いと言ってよいでしょう。超話題作、第4巻。 以下、ネタバレあります。 決闘代理人オクジーが偶然残した手がかりから、知と神の信奉者である修道士バデーニがついに地動説の証明らしきものに到達する。 次に待ち構えているのは内容をいかに…

子どもについて

仕事の帰り道で横断歩道をわたってるとき、向こうから3~4才ぐらいの子どもが走ってきた。ずいぶん小さいのがいるな、と思っていたらその向こうにお母さんがいたのだった。 横断歩道を駆けていこうとするその子にお母さんが「止まって止まって」と声をかけて…

地元について

今週のお題「住みたい場所」 ということで。 23時前、ほろよいというリキュールのハピクルサワーフレーバーがいきなり飲みたくなって、コンビニまで探しに行った。売っている店舗を把握してはいないので、見つかるまでハシゴする覚悟だった。 かつての「住み…

読もう、中華ミステリ。『死亡通知書 暗黒者』の感想について

はじめに 中国の小説というと、最近は『三体』をはじめとするSFが話題の印象があるが、そもそも中華圏における書籍市場の全体像を語れるほど詳しいわけもなく、じゃあSF以外に何が有名? と聞かれると『聊斎志異』だとか残雪とかが出てくるぐらい偏った知識…

『怪談聖 あやしかいわ』について

はじめに 評価は次のように行います。 まず、総評。S~Dまでの5段階です。 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース。 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。 B…購入してもよい。もしくはkindle unli…

西蔵の山中でPCR検査は受けられない。『チベット旅行記』の感想について

はじめに 先週の土曜日、外出先でのこと。建物の入り口に設けられた体温モニターの前に立ったとき、「ん?」と思わせるものがあった。 36.4度。平熱が36度を下回っている俺なので、いくらか高めと言っていい。「ん? ん?」。そういう引っかかるものを密かに…

世界は美しいが人間は完全ではない。『ノマドランド』の感想について

はじめに 観終わってから気づいたことに、俺の抱いた印象以外のものも含めて三通りの鑑賞のかたちがあったのかな、というのがあって、まず、それについて書いておく。 映画の内容は、不況の影響で自宅を手放さざるを得なくなった(極端な事例だと地場産業が…

『魔王: 奸智と暴力のサイバー犯罪帝国を築いた男』の感想について

はじめに 原題である「mastermind」は、本来、黒幕だとか首謀者だとかいうぐらいの意味である。 そう考えると、「魔王」という邦題は大見得を切りすぎな感もあるが、最後まで読み通すとなんとなく腑に落ちるところもある。本書は作品の類型で言えばドキュメ…

国分拓『ガリンペイロ』の感想について

はじめに 作者買い、と言ってよいと思う。書店の店頭で本の表紙と書き手の名前を目にしたときには早くも「買い」だと考えていた。 2016年、NHKスペシャル 大アマゾン 最後の秘境 第2集『ガリンペイロ 黄金を求める男たち』を観たときの印象を割と鮮明に…

『実話怪談 花筐』について

はじめに 評価は次のように行います。 まず、総評。S~Dまでの5段階です。 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース。 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。 B…購入してもよい。もしくはkindle unli…

『厭談 祟ノ怪』について

はじめに 評価は次のように行います。 まず、総評。S~Dまでの5段階です。 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース。 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。 B…購入してもよい。もしくはkindle unli…

『異界怪談 生闇』について

はじめに 評価は次のように行います。 まず、総評。S~Dまでの5段階です。 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース。 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。 B…購入してもよい。もしくはkindle unli…

『怪談奇聞 嚙ミ狂イ』について

はじめに 評価は次のように行います。 まず、総評。S~Dまでの5段階です。 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース。 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。 B…購入してもよい。もしくはkindle unli…

『怪談標本箱 毒ノ華』について

はじめに 評価は次のように行います。 まず、総評。S~Dまでの5段階です。 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース。 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。 B…購入してもよい。もしくはkindle unli…

『手繰り怪談 零レ糸』について

はじめに 評価は次のように行います。 まず、総評。S~Dまでの5段階です。 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース。 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。 B…購入してもよい。もしくはkindle unli…

『怪談四十九夜 断末魔』について

はじめに 評価は次のように行います。 まず、総評。S~Dまでの5段階です。 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース。 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。 B…購入してもよい。もしくはkindle unli…

『第五脳釘怪談』について

はじめに 評価は次のように行います。 まず、総評。S~Dまでの5段階です。 S…価格、提供される媒体に関係なく手に取るべき。恐怖のマスターピース。 A…購入推奨。もしくはkindle unlimitedにあればぜひ勧める。恐い。 B…購入してもよい。もしくはkindle unli…

『呪術廻戦』14巻の感想について

" data-en-clipboard="true">感想 " data-en-clipboard="true"> 収録は第116話・渋谷事変34~第124話・渋谷事変42 まで。 " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true"> 冒頭で宿儺vs.漏瑚が決着。 前巻で陀艮のあとを引き取って呪術師たちと対…

夢について

夢を見た。 夢の中で俺の子供が生まれて、俺は生まれた赤ん坊を誰かから腕の中に手渡された。 俺は赤ん坊を見た。玉のようだと思った。文字通り玉のようだと思った。実際、赤ん坊は柔らかい毛布で包みこまれてふかふかのぐるぐるになっていて、幾層にも重な…